自己PRで書く事がないアナタのための簡単3ステップ

求職活動では、求人企業に提出するキャリアシートとか職務経歴書をどう書くかが大きなポイントになりますが、どんな場合でも、またどのような書式でも必ず求められるのが、志望動機と自己PRという項目になります。

 

志望動機は、就職したい企業の業務内容とか、募集要項などにマッチィングしていることが何よりも必要ですが、自己PRについても、自分の長所をただ単に書くだけでなく、その企業でお役に立つ自己PRであるかどうかが、本来は一番大事なことになります。

 

 

今日は「自己PRに書くことがない!」とお嘆きのあなたの為に、自己PRを書く為の簡単3ステップを紹介します。

 

自己PR書くことがない

 

 

無料の自己診断テストを受けてみる

 

いずれにしても、『お買い得であるかどうか』が企業側からの判断ポイントですから、まずは自己PRできるポイントをきちんと把握することです。

 

世の中には様々な自己認知診断のツールがありますが、なかでもお勧めはリクルートが運営する“グッドポイント診断”これを受ければ、何が売り込み対象となるかが分かるので、客観的に自分を観察してみましょう。

 

 

自分が思っていたこととは異なる結果が出ることもありますが、それこそ今まで意識していなかった自己PRポイントが浮き彫りになり、書くことが見つかるきっかけになるでしょう。

 

 

 

「自分の強み」と「応募企業の仕事」に無理矢理こじつける

 

無理やりこじつけるというのは抵抗を感じるかもしれませんが、自分の強みがその企業の募集している仕事に合致するかどうかは重要なポイントですから、工夫することが肝心です。

 

些細なことだと決めつけないで、また無理がありそうだとあきらめないで、採用してもらいたいという気持ちを前面に出して、熱いメッセージを送ることが、採用担当の心を動かします。

 

自己PR書くこと

 

 

ネット上で自己PRを書いて送る時などはつい錯覚してしまいますが、画面の向こうには面接官という“人”がいることを忘れないようにしましょう。

 

AI技術の発達が顕著ですが、面接を人の代わりにこなせるようになるのは遠い未来の話です。“感情に訴えかける”これが効きます。(下手に出ろと言っている訳ではありませんよ。)

 

 

それでも書くことがない時の自己PR方法

 

それでも自己PRに書く事が見当たらない時は

 

「取り柄がない私を雇って頂けるなら身を粉にして働きます!」

 

とPRしてみるのも手です。このくだりは、書くことがない人が仕方なく、取りすがる気持ちで書く内容ですが、読む方からすると、昔の表現で言えば、“愛(う)い奴(やつ)”ということになるので、結構有力な武器になります。

 

自己PR書くことがない時

 

 

ですから、一概に悪いとは言えないのですが、書くことがないと言ってもそこで終わらせないで、自分がやってきたことをつぶさに振り返えり、

 

「OO業務一筋で何のとりえもありませんが、目の前の仕事についてはその仕事を大事にし、真面目に創意工夫も考え、毎日熱心に取り組んできたことだけは誇りに思っています」

 

 

くらいのことを書いて自己PRを提出してみましょう。

 

『何も書かない』『適当に例文をコピーして書く』なんかより、ずっと効果があり将来性もあります。

 

 

>>自己PRの書き方!面接、転職の必勝3ヶ条。 TOPへ