転職の自己PRには前職の退職理由が必要

就職活動や転職活動を行う際、履歴書の多くには自己PRを記入する欄があります。自己PRはどんな面接でも必ず聞かれる項目で、志望動機と同じく2大鉄板質問です。

 

しかし、新卒の就職活動のときと転職活動のときでは伝える自己PRの内容は異なります。

 

自己PR書き方転職

 

 

転職の自己PR

転職活動では基本的に、企業に即戦力だと思わせるようなアピールが不可欠のため、現職の経験を織り交ぜる必要があるのです。

 

新卒の自己PR

新卒の、自己PRの書き方としては大学生の時のサークル活動、ゼミ活動、アルバイトなどの内容が中心になります。

 

 

逆に、転職の場合はそのような学生時代の経験は二の次になります。まず、自己PRには退職理由を織り交ぜましょう。

 

 

転職で使える自己PRの退職理由

 

自己PRで書く退職の理由は、マイナスな面を入れるのではなく、長所を織り交ぜるのが絶対外せないポイントです。

 

このような長所があるためこういった活躍をしておりましたが、御社のような業務にチャレンジしたいと思い応募しました。

 

というような感じです。

 

自己PR書き方退職理由

 

 

実際の退職理由は個人的な都合だったり、業務にチャレンジしたいと思っていなかったとしても、ここは前向きな理由を建前にしておきましょう。

 

また、その業務をしたいがために現職を退職する覚悟ができているということも合わせて伝えると、志望度の高さが伝えられます。

 

あまり志望度が高くないと分かると、選考に進めても意味がないと企業側で判断されることも多いので、常に内定をもらえれば入社するという意志の強さを表す必要があります。

 

 

新卒では書けない転職ならではの自己PR書き方

 

また、即戦力ということをアピールするために、前職での経験も入れると更にいいでしょう。異なる業種や業界を志望していたとしても、必ず次の職場でも活かせるスキルが何かしらあるはずです。

 

業務の内容ではなく、業務の進め方を企業側としては見ていますので、「入社すればすぐに馴染めそうだ」という印象をつけましょう。

 

 

営業成績だと特にそれが伝わりやすいです。また、自己PRの書き方としては、企業は何百枚も同じような履歴書を見ていますので、『簡潔で分かりやすく』を心がけてください。

 

自己PR書き方志望動機

 

 

抽象的な表現にならないように、できるだけ具体的な数字を出したり、結論を始めに書いて、読みたいと思わせるような文章になっているかをチェックしましょう。

 

 

書き方によって内容が同じでも面接に進めない可能性があるので、他人にも読んでもらって確認するといいでしょう。

 

自己診断は他人にして貰ってもあまり効果はありませんが、文章であれば

  • 読みやすいか読みにくいか
  • 伝わるか伝わらないか
  • 欲しい人材かそうでないか

 

日本語が読めれば、中学生でも判断ができるので、身近にいる人数名にお願いしてみて下さい。

 

 

>>自己PRの書き方!面接、転職の必勝3ヶ条。 TOPへ